The motorcycle diaries

ENTRY | COMMENT / TB | CATEGORY | LOG | LINK | PROFILE | RECOMMEND | OTHERS | ×
LATEST ENTRY
CATEGORY
LINK
PROFILE
RECOMMEND
AKBがいっぱい ~ザ・ベスト・ミュージックビデオ~【初回仕様限定盤】(DVD) /
CALENDAR
<< March 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ARCHIVE
SEARCH THIS SITE.
樺太探検3
樺太探検2から続きです。今回はちょっと面白くない記事ですが、今後サハリンを旅する人への参考までに。
 
​結局サハリン滞在は相棒の休暇の都合でわずか1週間の弾丸ツアーでした。
でもコルサコフから最北端の町オハまで往復しましたし、村も少なく景色が変わらず距離が延ばせたり、バイク旅行としては2週間もあれば満腹かもしれません。見どころの多くは北緯50度以南の旧日本領にあり、人が住んでいるのも殆どが南です。特にユジノサハリンスク(旧豊原)を出てしまうと都市と呼べる街はありません。

ユジノの巨大ショッピングモール!
 自分の中ではサハリンは3つの地域に分類されていて、1つは南部オホーツク側。ここは日本領時代から開拓が進んでいた地域で、今も農業漁業中心に一番発展しています。北海道航路の入口のコルサコフ(旧大泊)から首都ユジノを過ぎてスミルヌイフ(旧気屯)までの道路は全線舗装されており、日本人の作った鉄道も現役で走っています。地理的に北海道の景色にも近く、気持ちよく走れます。ユジノは高級ホテルから安宿まであり、大きなスーパーでは何でも買える普通の都会ですが、日本軍の基地のあった北のポロナイスク(旧敷香)などは酒と魚の腐った匂いの漂う船員の町だったり、激しい貧富の差や治安や教育水準の低さを感じます。例えばトヨタのランクルに乗った金持ちが交差点で無造作に窓から投げるビール瓶。例えば小さな食料品店に入ると鉄格子があり、手の届かない鉄格子の向こうに商品が並んでいる。ロシアのガソリンスタンドでは当たり前の鉄格子ですが、パン一切れ買うのも鉄格子越しってのはロシアでも珍しいようです。そのくらい治安が悪いということ。相変わらずのロシアっぷりに安心感すら覚えます。
 
​ホルムスクの看板には日本時代の名前、真岡、の表記もありました。
ときどき日本名がそのまま使われている地名があります。
 2つ目は南部日本海側。日本領時代の港町ホルムスク(旧真岡)が今はロシア本土との玄関口になっているのでそこそこ栄えていますが、ホルムスクから北は寂れた村があるのみで道も殆ど未舗装で交通量も非常に少ないです。日本海を横目に絶景が広がっていたり、日本時代の遺構も多く、日本海側からスミルヌイフへ抜ける道はいくつかの川渡りもあり、ワクワクドキドキの連続の一番のおすすめエリアです。旅行者はいないので宿は期待できませんが、人に聞いて回れば何とかなるものです。我々はイリインスキー(旧久春内)で1泊数百円の宿を見つけました。もちろん宿の表示なんてないし、旧病院だったボロボロの建物に泊まっていたのは我々だけ。ベッドはたぶん入院患者が寝てたものでしょう。相棒のベッドは人の形にスプリングがへたってガチガチ。自分のベッドは寝返り打つと減衰しないでポヨンポヨン跳ね続ける貴重なものでした。いずれにしてもユジノ以外は宿の選択はほぼ無いです。あればラッキーくらいの感覚がよいと思います。因みに万一のためと思ってカウチサーフで検索するとサハリンでもホストが居ましたので多少言葉ができればトライするのも面白いかもしれません。
 
日本海側は景色が素晴らしく、旅のハイライトです。
​立ち寄った灯台で親子連れの娘にせがまれて記念写真。
最初から愛想のいい人に会うのは珍しかった。親父は日本好きだそうで日本語書かれたシャツ着てました。

 
 3つ目は北緯50度以北の旧ソ連領です。こちらは最北端のオハの手前数十kmが舗装されている以外はほぼ未舗装です。
無給油区間が一番長いので余裕をもって航続距離400km程度のガソリン容量は欲しいところです。
交通量は少ないですが、晴れていると車の巻き上げる埃がひどいので全身埃で真っ白になります。砂浜みたいなフカフカの路面も長く続くのでアクセル全開で楽しいですが、オフロードに慣れない人にはやっかいかもしれません。雨が降るとチュルチュルなのだそうです。
タタール海峡(間宮海峡)に石油運搬用の橋を建設する計画がありますし、サハリン北部にはこれからインフラ投資が進むと思われるので道路の全線舗装も時間の問題かと思います。
風景は大陸的なタイガの森やツンドラ地帯が広がる異国の雰囲気を楽しめます。ところどころに石油の採掘基地があるのでオハやノグリキなどは石油関係者の町です。やはり石油関係の出張者以外は旅行者は居ないので宿は限定されます。オハには小さなホテルが2軒あるだけでした。ちなみにホテルまで車で先導してくれた親切な地元の若者に「治安が悪いから気を付けて」と忠告されました。宿泊先ではバイクは必ず鍵のかかる庭に入れるか、庭がない場所では警備員常駐の駐車場を金払って利用するのが常識です。トヨタマーク兇波狃とデート中だった彼は狭いオハの町をぐるぐる走り続けるだけ。仕事も娯楽も無いのでしょうね。
 
最北端、オハの街並。ロシアの街並はどこも同じく古ぼけてくすんでいる。
オハのディスコで絡んできた酔っ払いと相棒。​最近弟を亡くしたと嘆いていました。
どんなところにも人間ドラマがあるのですね。さておき、このあとこの男と踊る羽目に...​これもドラマか?
​ 18年前のロシアでは交通警察の検問の頻度が非常に高く厳しかったのですが、今は止められることも無く非常に快適に旅できるようになりました。しかしそれでも何一つ取っても自由主義の国を旅するような感覚には全くゆきません。不自由さを楽しむのがロシア旅の一つの魅力かもしれません。
 さて、一足早く日本に帰った悪友とユジノで別れたのち、ひとりホルムスク(旧真岡)へ向かい、そこからロシア本土へとフェリーで渡った話を次回書こうと思います。悪友はロシア語堪能ですが、私は何も分からず。キリル文字なので看板や標識の文字の意味どころか発音すらできず。どうなっちゃうんでしょうか。
23:36 | バイク | comments(0) | trackbacks(0) | author : takashimase
COMMENT








TRACKBACK
TRACKBACK URL : http://blog.takashi-mase.com/trackback/25
<< NEW | TOP | OLD >>